10年目を迎えて

スクランブルエッグは、今年度で10年目を迎えます!

立ち上げた頃と比べれば、世の中は少し違った状況になってきました。
テレビをつければニュースでも取り上げられ、段々と可視化は進んでいるように見えます。
サークルへの取材や調査の問い合わせも、ここ数年で増えてきました。
子どもの頃からインターネットに親しんできた世代が、きっとこれからの時代をさらに動かしていくでしょう。

一方で、カミングアウトが容易になったかと言えば、そうでもないと感じています。
一歩社会に出れば、そこにはまだ性的マイノリティへの誤解が渦巻いています。

元々、私がサークル活動を始めたきっかけは、オフ会で知り合った友人がいじめを受けていたことでした。
同じ地域で暮らす人たちに、性的マイノリティの”ホントのこと”・・・セクシュアリティが違うだけで何も変わらない、同じ人間なんだということを知ってほしかったのです。

そして小さな活動を続ける中で、知ろうとしてくださる人たちがいるということが、自分たちにとっても勇気になることに気付きました。
活動をしている私たち自身が、この土地で生きていくことに大なり小なり不安をもっていたのです。

スクランブルエッグの活動は、まだもうしばらく、同じスタイルで続いていきそうです。
身近な存在、同じ土地で生きているんだということを、この土地の人たちに知ってほしい。
私たちを知ろうとしてくれる人がたくさんいるんだということを、もっと知りたい。
そうして、お互いの幸せを願ったり、喜んだり、そういうことが自然にできるようになったら嬉しい。

どんなに時代が進んでも、人は人と共に生きています。
カミングアウトをしても、変わらずに隣に座って笑ってお話しできるような、そんな当たり前の日常を。
その思いとスタンスは、10年前と何も変わりません。

自分たちの歩幅で、スクランブルエッグは活動を続けていきます。

まずはここまで、私たちに歩み続ける力をくださったみなさまの応援とご協力に、心から感謝申し上げます。
歩みの遅い私たちではありますが、これからも気長にお付き合いいただければ幸いです。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

2017年度代表 創